(公財)日本少年野球連盟 東北支部 仙台ボーイズ

Q & Aよくある質問

よくある質問にお答えします

お問合せ・体験会・見学の時に、ご父兄の方々からよく聞かれる質問を以下にまとめました。
入団をご検討いただくにあたりご参考になれば幸いです。

Q

仙台ボーイズは、何年生から入団できますか?

A

入団の対象となるのは、小学6年生及び中学生となります。
仙台ボーイズでは毎年、11月下旬〜12月上旬に体験練習会を開催しております。
また、個別に体験に来ていただくことも可能ですので、お気軽にお問合せください。
(連絡先:事務局 佐藤 080-1836-3675、メール:staff@sendaiboys.com)

Q

少年野球に所属する小学6年生ですが、部費はいつから発生しますか?

A

小学6年生は、少年野球チーム卒団して中学1年生になる4月から活動費(部費)を徴収します。(入団金の1万円につきましては原則入団届け提出時に徴収しますが、4月分の活動費と一緒のお支払いでも構いません)
入団を希望される方は、先に入団届けを提出していただければと思います。
入団届けを提出した後は、ご都合にあわせて練習に参加可能です。(ただし3月までは所属チームのスポーツ保険を使用していただく点だけご了承ください)

Q

練習場所への送迎はどうなりますか?

A

仙台ボーイズは現地集合ではなく、ボーイズハウスに集合の上、チーム所有のマイクロバスを使って練習場所、試合会場に移動します。ボーイズハウスまでの交通手段は市内の団員は主に自転車(ヘルメット着用)。遠方のメンバーは車での送り迎えや、電車と自転車を組み合わせて通っています。

Q

当番など父母の負担が心配なのですが?

A

仙台ボーイズでは、当番制というルールは設けておりません。あくまでもご協力いただける範囲で、ご父兄の皆様に活動をサポートしていただいております。

Q

専用グラウンドがないようですが、十分に練習できるのでしょうか?

A

仙台ボーイズでは、2018年10月より空港西グラウンドをメインの屋外練習場として使用できることになりました。土日は空港西グラウンドや近隣の球場を使って屋外練習。
平日夜間は、従来通りボーイズハウスで照明を点けてバッティングやピッチング、守備練習を行います。

Q

野球は大好きなのですが、勉強との両立は大丈夫でしょうか?

A

仙台ボーイズの団員は、スポーツ特待生としての高校進学を含め、ほぼ全員が志望する学校に進学しております。
定期テストの1週間前は試験勉強のため練習をお休みいただき、その後、監督に成績表を提出するルールになっておりますので、どうぞご心配なさらないでください。

Q

市外に住んで居るのですが入団できますか?

A

入団の意思があれば、どのエリアからでも入団可能です。
仙台ボーイズは、仙台市内、名取市内の中学生がメンバーの中心ですが、団員になるために岩沼市・大崎市・石巻市・大河原町ほか、そして県外では、山形県や福島県から通っていたメンバーが多くいます。平日練習の参加が難しい場合、個別に練習メニューが配られますので、平日は自主的にメニューをこなし土日の練習に参加してもらいます。(遠くから来てる子の方がレギュラー獲得の確率が高いように感じます。)

Q

仙台ボーイズ(ボーイズリーグ)の費用は高くないでしょうか?

A

仙台ボーイズは、クラブチームという形態で運営されておりますので、学校の部活動に比べると、合宿や遠征費などのお金がかかってしまうことは事実です。
しかし、他の団体と比較して特段費用がかかるということはありません。また、ご家庭の負担が少なくなるように活動費の中から積立をしておりますので、関東ボーイズリーグ大会や全国大会出場の際に、負担が大きくならないよう積立金が適用されます。

Q

遠征費はどれくらいかかりますか?

A

遠征費については遠征毎にその都度徴収し、集金方法は専用の封筒を使って団員たちが持参しています。ご参考までに遠征費を掲載いたします。(金額はH29年11月22日 現在)

岩手方面・・・2,000円
山形方面・・・1,000円
福島方面・・・1,000〜3,000円
栃木方面・・・2,500~3,000円
※宮城県内については遠征費はかかりません

お問合せ

パソコン・スマホから
お問合せはこちら

お電話の方はこちら

仙台ボーイズ事務局:080-1836-3675
(サトウ)